LINEスタンプ作成代行の仕事を始める時に考えておきたいこと

今絵が描けない人でもアイデアを伝えるだけでLINEスタンプを作ってくれるような
LINEスタンプ 作成代行の仕事が増え始めているんです。皆さんの中にもそういった事に関わる人は少なく無いと思います。
もちろん流行のLINEスタンプに関する仕事なので競争率は高くまたあまり作成代行自体の認知度が低いことから仕事による不信感も感じる
人もいます。今回はそういったLINEスタンプ作成代行を仕事にしたい人向けに何を重視すれば人気が得られるのか考えていきます。

○何を売りにするか

こういったネットでのやりとりが多く絡む事業を行う時に考えるべきは信頼できる要素と目新しさが必要です。
特にプロのデザイナーが在籍していてこうした作例があるということがちゃんとわかるようになっていれば
依頼する側もお金を出しやすい傾向にあります。おそらくあまり売上や発注が少ない所はこの部分が他業者と比べてアピールできていない場合が
多々あります。
また依頼金額についても会社ごとの金額設定の幅が広いため、どのあたりに値段設定をするかということも重要になります。

○ユーザーへのトラブルをどこまで減らせるかがカギ

基本的にLINE会社とユーザーの中間で行う仕事のため、仕上りへ不満や審査での予期しないトラブル等が起きやすいです。
評判などで業者を選ぶ人もいるのでこういったトラブルについてのケアサポート力をアピールすることも大切です。
特にアフターサポートはユーザー目線から見ても気になるところでありどういったプランがあるのか事前にきちんと
ホームページ上などで説明しておくべきでしょう。

自分が制作したLINEスタンプを相手が使ってくれない場合に考えたいこと

LINEスタンプを作ってプレゼントしたけれど、相手が使ってくれなかったという経験はありませんか?
実はそういった問題のケースは意外に多く悩んでいる人も割とよく見かけます。
一体何が原因なのでしょうか。

まず考えられるのは主に以下の3つの事柄

・使うのが恥ずかしい
・趣味ではない
・使いづらい

このうち使うのが恥ずかしいというのはある特定の人向けじゃないと使えないという場合。
そういった時には過度なネタや表現をしすぎた可能性があります。

また趣味ではないという場合は、良し悪しに関わらず贈る人に合わないスタンプを送ってしまったというパターンに分類されるでしょう。
そういったことの無いように贈る時は出来るだけ相手の好みに沿ったオリジナルLINEスタンプを作ってあげてくださいね。

使いづらいさにおいてはパターンの少なさなど利用面の不自由さがマイナス要素になっていることが原因といえます。
余分な感情パターンが多くあるようなバランスの悪いLINEスタンプになっていないか確認してみると良いです。

もし使いやすさをより優先する場合はある程度自分の好みを控えめにして万人に愛されるようなスタンプになるように思案していくと
販売においても使用時においても一定の支持を得られやすくなります。

LINEスタンプを作る時に気をつけたい色の話

LINEスタンプを作る際、一番注意しておきたいのはスタンプのビジュアルに影響する色の問題。
いくらキャラクターが可愛くても色で魅力を阻害してしまうような
色合いだったら購入する人は減るでしょう。そういった見た目の美麗さでスタンプを選ぶ人はかなり多いです。
しかし色の塗り方に自信がない人もいるはず、そこで今回は色の使い方について3つのコツを紹介します。

・彩度が高い色や明るい蛍光色は見づらい原因に繋がりやすいので控えよう

彩度が高い発色の良い色は色合いのバランスを崩しやすく見る人にとっては見づらいことも。
特に蛍光色のような明るさもあるような色を多用すれば眩しさを感じすぎて目が疲れる原因にもなるでしょう。

・心地よさを感じる色の使い方をする

色にも心地よく感じるカラーリングがあるんです。
例えば緑と水色なら自然を表す色合いをイメージしますし
赤と白ならおめでたさや日本的なイメージを意識しやすいです。
このように全体的なイメージを親しみやすい色の組み合わせで構築することで統一感ととも受け入れやすいカラーとして
良い効果を生みます。

・綺麗に見えない場合は色数を少なくする

色がごちゃごちゃしてしまう場合は色の数を少なくして検討してみましょう。
最低限の色数からカラーリングを決めることで余分な色の部分が発生しにくくなります。
スマフォからスタンプ画像を見て見映えはどうなのかを調べておくと調整もしやすいです。

LINEスタンプの連発投稿許せる?許せない?

LINEスタンプでついやってしまいがちなのが喜びを表す時などに連発して投稿してしまうこと。
あなたはそんなLINEスタンプの連発投稿許せますか?それとも許せませんか?
それぞれの主な意見ごとにまとめてみました。

○LINEスタンプの連発投稿は許せる派

・ノリが良く感じられる

・楽しい雰囲気にさせようという気持ちを感じる

・適度に使う場合ならあまり悪くは思わない

許せる派は楽しさや明るさの表現だと感じられる人が多い傾向にあります。
しかしやはりTPOといった公共のマナーを弁えた上で適度に使用することが求められているのが意見から感じられます。

○LINEスタンプの連発投稿が許せない派

・会話が遮られている気がしてしまうので意思疎通で不安を感じる

・長いとスクロールするのが面倒

・反応として適当さを感じる

一方、許せない派は付き合いの反応としての不満が多いのが特徴的ですね。
意思疎通が出来ない不安さは確かに一度連発された人だと感じやすいかもしれません。
また適当さを感じて会話のやり取りに飽きてきてるのでは?というマイナスに考えさせられる部分もあるようです。

結論としてはやはりLINEスタンプを連発するにしても相手の反応を伺ってやりとりすることが大事。
相手の人が不快にならないようなLINEスタンプの使い方をしていきたいですね。

LINEスタンプ販売の宣伝には使いやすいSNSが最適

LINEスタンプを販売する上で欠かせないのが宣伝をすること。
多くの人に知ってもらわなければ売上も伸びません。
今回はそういったことに使いやすいSNSを個別に紹介していきます。

○ツイッター

今では定番のSNSツイッター、作者のスタンプ制作状況などを載せれば
ファンも興味が湧きやすくなりRTなどであなたの情報を拡散してくれることも期待できます。

また、要望などを聞いたり流行の情報をつかむ場としても利用しやすく
ファンと交流しながら活動する場として多くのLINEスタンプ製作者がツイッターアカウントを所持しています。

使いづらい点としては、自身の発言ログを記録するのにそれなりの手順が必要なこと。
記録を残しておきたい場合は下記のブログと併用して使うと良いでしょう。

○ブログ

ツイッターとは違いログが残しやすいのが特徴。
SNSが普及してからお互いが繋がりやすいツールに人が多く流れたため近年のブログは
コミニュティを作りにくい傾向にあります。
あまり知られていないと訪れる人も少ないので知名度がそのまま訪問者の数にでる形のSNSだといえるでしょう。

○フェイスブック

実名で登録する場なので安心してLINEスタンプ制作のパートナーや同業者との有意義なやりとりを楽しみやすいです。
匿名ではない分、自身の情報や実際の活動なども晒け出しやすいので興味を持ったファンがよりあなたを知ることが出来る場所でもあります。
ただ、ネットにも関わらず現実に近い付き合いをしてしまいがちなためSNS疲れをしてしまう場合も考えられます。

それぞれメリット、デメリットがあるので好み合ったSNSを使い効果的なLINEスタンプの宣伝をしていくと良いでしょう。