自分が制作したLINEスタンプを相手が使ってくれない場合に考えたいこと

LINEスタンプを作ってプレゼントしたけれど、相手が使ってくれなかったという経験はありませんか?
実はそういった問題のケースは意外に多く悩んでいる人も割とよく見かけます。
一体何が原因なのでしょうか。

まず考えられるのは主に以下の3つの事柄

・使うのが恥ずかしい
・趣味ではない
・使いづらい

このうち使うのが恥ずかしいというのはある特定の人向けじゃないと使えないという場合。
そういった時には過度なネタや表現をしすぎた可能性があります。

また趣味ではないという場合は、良し悪しに関わらず贈る人に合わないスタンプを送ってしまったというパターンに分類されるでしょう。
そういったことの無いように贈る時は出来るだけ相手の好みに沿ったオリジナルLINEスタンプを作ってあげてくださいね。

使いづらいさにおいてはパターンの少なさなど利用面の不自由さがマイナス要素になっていることが原因といえます。
余分な感情パターンが多くあるようなバランスの悪いLINEスタンプになっていないか確認してみると良いです。

もし使いやすさをより優先する場合はある程度自分の好みを控えめにして万人に愛されるようなスタンプになるように思案していくと
販売においても使用時においても一定の支持を得られやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です