LINEスタンプ作成代行の仕事を始める時に考えておきたいこと

今絵が描けない人でもアイデアを伝えるだけでLINEスタンプを作ってくれるような
LINEスタンプ 作成代行の仕事が増え始めているんです。皆さんの中にもそういった事に関わる人は少なく無いと思います。
もちろん流行のLINEスタンプに関する仕事なので競争率は高くまたあまり作成代行自体の認知度が低いことから仕事による不信感も感じる
人もいます。今回はそういったLINEスタンプ作成代行を仕事にしたい人向けに何を重視すれば人気が得られるのか考えていきます。

○何を売りにするか

こういったネットでのやりとりが多く絡む事業を行う時に考えるべきは信頼できる要素と目新しさが必要です。
特にプロのデザイナーが在籍していてこうした作例があるということがちゃんとわかるようになっていれば
依頼する側もお金を出しやすい傾向にあります。おそらくあまり売上や発注が少ない所はこの部分が他業者と比べてアピールできていない場合が
多々あります。
また依頼金額についても会社ごとの金額設定の幅が広いため、どのあたりに値段設定をするかということも重要になります。

○ユーザーへのトラブルをどこまで減らせるかがカギ

基本的にLINE会社とユーザーの中間で行う仕事のため、仕上りへ不満や審査での予期しないトラブル等が起きやすいです。
評判などで業者を選ぶ人もいるのでこういったトラブルについてのケアサポート力をアピールすることも大切です。
特にアフターサポートはユーザー目線から見ても気になるところでありどういったプランがあるのか事前にきちんと
ホームページ上などで説明しておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です